いろんな資格

家電製品アドバイザー

今は家電製品が多様化しています。それに伴い多機能化・デジタル化が進んできています。
家電量販店に行くと、一つの家電にさまざまな種類があり、機能があり、一般の私には何がいいのかサッパリ。
必ず、家電を買うときは、お店の人の商品に詳しい人から話を聞きます

ilm2007_02_0164-s.jpg
その知識を証明してくれる資格が、家電製品アドバイザーです。


テレビ・ビデオ、冷蔵庫、エアコンなどの商品選択・使用方法・トラブル
家電リサイクル法・容器包装リサイクル法なども理解がある為、廃棄などのアドバイスを適切に行なうことが出来る、知識と技能をもった人です。


またお客の立場としては、家電の知識も大事ですが、やっぱり、人のいい人から買いたいなと思うものです。
アドバイザーは家電の知識だけでなく、販売、接客のマナー・コミュニケーションを併せ持った方です。


製品アドバイザーには、AV情報家電と生活家電の2種類があり、両方を得ると家電製品総合アドバイザーの称号が得られます。


AV情報家電、生活家電に同時に合格した場合かいずれか一方を先に取得し、後にもう片方の資格を取得すれば、「総合アドバイザー」になれます。
ilm18_bd02019-s.jpg

家電流通関係の販売・営業の方はこれまで以上に、商品知識、接客能力が求められています。
大手家電量販店がこのスキルを義務づけて人事の異動などの評価材料にしているみたいです。


家電界は日々新しい製品の変化や技術の進歩があります。その為、資格有効期限は5年で、更新講習を受講し、課程を修了することで、新たに5年間資格が保有できます。


更新講習は送付したテキストを勉強し、問題を解き、送付された解答が所定のレベルまで達していれば修了になります。


ワンランクアップのスキル資格です。



前の記事へ<<タオルソムリエ



☆関連記事☆
  小型船舶操縦士
    アロマテラピー検定  
  日本さかな検定。ととけん
    メイクセラピー検定
  ワインエキスパート
    アクアマエストロ資格者の話
  まつげエクステンション
    タオルソムリエ   
  



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者