いろんな資格

アロマテラピー検定

私は「匂い」が大好きなんです。
例えば、芳香剤の匂い、香水、食べ物の匂い、汗の匂い。。。(笑)


汗とかも、イイ匂いではないけれど、怖いもの見たさみたいな感じで、匂いを嗅いでしまうんですよね(笑)


今は、洗濯洗剤の匂い・柔軟剤の匂い・お部屋、トイレの匂いなど、いろんな種類が出ていて、薬局など行くと香りを比べれたりできるようになっています。
それだけ、「香り」に注目が集まっているってことですね。
私も子供も、行くと必ずと言っていいほど、匂いを嗅いできちゃいます。


アロマテラピーとはアロマ(香り)とテラピー(療法)を合わせた言葉です。
フランスで生まれたとされる植物療法で、心身の健康や美容に役立て、香りの効用を楽しむものです。


私はアロマを体験する機会があり、そこで、アロマで虫よけを作ったり、ルームスプレーなどを作ったことがあります。
それから、アロマに興味を持ち出しました。


市販の虫よけとかは、小さい子供には有害だと思うんです。
ilm19_ba07025-s.jpg
現にカナダなどの一部の国は小さい子供への使用を制限しているところもあるそうです。
でもアロマなら、有害な物質がなく、そのニオイで虫除けにする作用があるため、
子供にも安全
ですよね。


他にも、心身をリラックスさせる効果があったり、胃腸などの消化器系に効果をもたらすものがあったり、免疫を高め、活性化を促す効果があったりと、さまざまな作用・効果があります。



天然成分100%の精油(アロマオイル)には、医療などにも利用されて、
効果・効能は科学的根拠も実証されています。
ilm19_ba07039-s.jpg
しかし、その利用法を熟知しておかないと、いけない部分があります


例えば、柑橘系の精油には、使用後すぐに日光にあたるとヤケドをおってしまうという性質があったり、陣痛作用を促す効果の精油や香りの成分があります。
100%天然の精油(アロマオイル)を使用する限りは薬のように、副作用はありませんが、使い方をまちがってしまうと、危険です。


アロマの知識を知るだけで、安全で安心した効果・作用が得られ、優雅な気分になったり、美容促進があったりします。生活の中で役立て、アロマを楽しむのもいかがでしょうか。



前の記事へ<<小型船舶操縦士
            次の記事へ>>日本さかな検定



☆関連記事☆
  小型船舶操縦士
    日本さかな検定。ととけん
  メイクセラピー検定
    ワインエキスパート
  アクアマエストロ資格者の話
    まつげエクステンション
  タオルソムリエ



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者