介護

介護は体力勝負ってきくけど、実際は??

介護職が重労働と言われるのは、介護者のベットから車椅子の移乗。
入浴の介助や寝たきりの状態になっている人の体位変更・・・
など、体力を使う業務が主になっているからだと思われます。
ilm17_aa02004-s.jpg

介護者のなかには、自分より大きな体格をした人などいるため、最初は難しいと感じる方もいられます。
しかし、理論より、コツを覚えれば、見た目より少ない力で行えることができます。
力ではなく、技ですね。


介護者の残された機能と介護にあたっている人の力を合わせることで、力をめいいっぱい使う必要はなくなってきます。


ですから背が低いからとか、華奢だから・・・とかではなく、
どんな方にでもできる仕事です。
引越し業者の方達がすべてムキムキの人ばかりではないことと同じことです。


労働時間内は体を使う仕事が主になってきますから、利用者さんを短時間で沢山相手をしたりしていると、
腰が痛くなったりと、身体を壊しやすくなる事は避けられないかもしれません。
体力的に大変だなと思うことはあるでしょう。


睡眠時間が十分でなかったりすれば、体力だって維持できません。自分の健康ケアが大事ですね。


とはいえ、介護する側においても、年齢を重ねれば、体力も衰えてきます。
その為、介護職でつちかった知恵や知識を生かせる管理職(ケアマネージャー・社会福祉士)もあり
長年勤めることができます。




前の記事へ<<介護福祉士と社会福祉士の違い


           
☆関連記事☆
  介護の必要性
    介護に携わる資格と仕事内容
  ホームヘルパー(訪問介護員)とは?
    介護福祉士(ケアワーカー)の仕事内容
  ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容
    社会福祉士とは?仕事内容
  介護福祉士と社会福祉士の違い
    



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者