介護

介護福祉士と社会福祉士の違い

介護福祉士、社会福祉士ともに国家資格であり、「社会福祉士及び介護福祉法」で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人です。


国家資格ではありますが、医師や弁護士のように、「業務独占資格」ではなく、「名称独占資格」です。
資格をもたない者が、「介護福祉士」「社会福祉士」と名乗ることは出来ません。
しかし、資格がなくても、業務を行うことが出来ます。


介護福祉士は、高齢者や身体が不自由な人を直接的に介護する仕事で、肉体労働が主になる仕事です。


社会福祉士は、要介護・要援助が必要な人に対して相談・助言・指導を行う仕事で、
福祉関係のことはもちろん、保険や制度、心理学、法学、医療一般などについて、
熟知している必要があります。


このことからわかるように、仕事内容から知識まで、違いがあることがわかります。



前の記事へ<<社会福祉士とは?仕事内容
            次の記事へ>>介護は体力勝負ってきくけど、実際は??



☆関連記事☆
  介護の必要性
    介護に携わる資格と仕事内容
  ホームヘルパー(訪問介護員)とは?
    介護福祉士(ケアワーカー)の仕事内容
  ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容
    社会福祉士とは?仕事内容
  介護は体力勝負ってきくけど、実際は??



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者