介護

社会福祉士とは?仕事内容

社会福祉士とは、高齢者、障害者、または環境上の理由から日常生活をする上で支障がある人など、介護に関わる方達を対象に、さまざまな相談に応じ、助言したり適切な指示を
専門的な知識や経験を用いて助言する相談業務が主な仕事
です。

ilm17_ac02012-s.jpg
多様化する社会福祉サービスを的確に利用できるよう、福祉に関する相談に応じ、
各専門職との連携をはかりながら、問題解決にむけて援助・助言していきます。


受験資格は、一般的に福祉系の大学や専門学校を卒業、または実務4年以上+短期養成
施設など、受験資格を満たしている必要があります。


問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
出題科目の「18の得点群」すべてに得点があった者
(1群でも「0点」があったら不合格)。
の2つの項目を満たすものが合格基準になります。合格率は26%です。



前の記事へ<<ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容
            次の記事へ>>介護福祉士と社会福祉士の違い



☆関連記事☆
  介護の必要性
    介護に携わる資格と仕事内容
  ホームヘルパー(訪問介護員)とは?
    介護福祉士(ケアワーカー)の仕事内容
  ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容
    介護福祉士と社会福祉士の違い
  介護は体力勝負ってきくけど、実際は??



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者