介護

介護福祉士(ケアワーカー)の仕事内容

介護福祉士は、介護のプロとして国家資格であり、高齢者や障害者などの施設に勤めるなど
活躍の場が広く、雇用側の待遇もいいケースが多いです。


ホームヘルパーと同様に、高齢者、障害を持った方たちの「身体介護」「生活援助」を行います。
利用者の自宅に訪問する場合と、介護施設に出向く場合とあります。

ilm17_aa06004-s.jpg
また「社会活動援助」などの、近隣住民の方達との関わりなど、
精神的なケアも重要な仕事になります。
住んでる地区の民生委員やケアマネージャー、病院やリハビリなどの様々な施設との連携、
さまざまな社会活動の情報を提供したり、参加を促したりして、利用者に趣味や楽しみを
みつけてもらうのも、仕事のひとつです。


他の介護職員や家族などと連携し、介護計画や介護に関する記録を作成することも
業務になってきます。


どの業務にしても、利用者の人権や人格を尊重し、
どうするべきか、常に模索していくことが大切です。


介護福祉士の資格取得は年齢制限はありません。
しかし、様々な知識が必要とされるため、3年以上の実務経験、または、高等学校などの教育学校において介護関連の科目、単位を修めた者が受験資格になります。


合格基準は、課題の総得点の60%程度を基準として、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を実技試験の合格者となります。合格率は50%です。



前の記事へ<<ホームヘルパー(訪問介護員)とは?
            次の記事へ>>ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容



☆関連記事☆
  介護の必要性
    介護に携わる資格と仕事内容
  ホームヘルパー(訪問介護員)とは?
    ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容
  社会福祉士とは?仕事内容
    介護福祉士と社会福祉士の違い
  介護は体力勝負ってきくけど、実際は??



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者