介護

介護の必要性

日本は高齢化社会であり、また長寿国です。
総人口が現象する中、高齢化は上昇をたどっています。


高齢になってくると、骨が弱くなっていき、歩きにくくなったり、力が入らず、荷物などの重たいものも運べなくなります。
そのため、外出などが億劫になり、家で過ごし、あまり動かなくなって、ついには寝たきりなどになってしまうパターンになってしまうのが多いそうです。
運動機能、認知機能の低下、老衰に伴う記憶力の減退等、さまざまな所で支障がきたしてきます。
kaigo.jpg

そうなると、必然的に介護を要する人達が増え、私たちの手で支えていかなくてはなりません。


また高齢者だけが、介護を必要としているわけではありません。
他にも、生まれた時から障害を持っているために、介護が必要な方、病気や事故のために介護を受けながら生活する方など、誰でも介護が必要となるかもしれないのです。


要介護者が増える中、少子化や核家族などの現在、共働きにおいて、高齢者の一人暮らしが増え、家族内で介護などのサポートが難しく、身体的、精神的に日常の生活が行えない状況が増えています。
その為に、介護を提供する側の存在の需要が非常に高まっています。


ひとりひとりの状況に合わせ、個々の負担を軽減するために介護が必要となってきます。


初め時?いくつから始める?介護関係の年齢層


職場によって、若い人が多いや年配が多いなど、働くうえでは、職場の環境って気になりませんか?
年齢層はどれくらいの人が多いのか?地方から出てきている人が多いのか?仲良くできるのか?


その1つの項目の年齢について、医療・福祉・介護などの講座を設けているニチイに聞いてみました。
これから勉強するという方は、同じ環境や年齢の方がいたほうが安心して勉強に取り組めたりするかもしれません。
介護の門として、ホームヘルパー2級の講座があり、その受講や資料請求する年齢層は20代から50代と幅広いものだそうです。


ホームヘルパー2級を取得してから実務経験を積んで、受験資格を得てからケアワーカーやケアマネージャーなどの
スキルアップ受講をされる方も多いみたいです。


これだけ、幅広い年齢が受講されているということは、それだけ需要があり、
また、年齢を重ねても働ける、または働き始めやすい
のかもしれません。


職の為にと考えなくても、今後、親に対しての介護が必要になってくるための知識として受講される方も多くいるようです。
看護師の方であれば、認知症看護認定看護師という認定看護師資格もあります。





            次の記事へ>>介護に携わる資格と仕事内容



☆関連記事☆
  介護に携わる資格と仕事内容
    ホームヘルパー(訪問介護員)とは?
  介護福祉士(ケアワーカー)の仕事内容
    ケアマネージャーの(介護支援専門員)仕事内容
  社会福祉士とは?仕事内容
    介護福祉士と社会福祉士の違い
  介護は体力勝負ってきくけど、実際は??



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者