宅地建物取引主任者(宅建)

宅建合格のみんなの勉強時間、勉強法

みんなの勉強法、勉強時間は気になるところです。
効率よく勉強するためにも、みんなの勉強の仕方を真似して、要領よく「最短・最速」
で受かりたいですね。


まず、宅建試験の「特徴」「特性」を知ることが大事です。


この科目は、暗記中心に進めていく。
この科目は過程を理解することが大事。など、学習の趣旨が違うからです。


そのことを頭に置いていれば、学習の方向性もみえてきやすいはずです。

ilm07_ca21001-s.jpg
また、テキスト・参考書をじっくり読んで全てを理解しようとするのは効率的とはいえません。
宅建の場合、覚える量が多いからです。
全て理解しようとしてたら、つまづくこともあるでしょう。
モチベーションが下がってイヤになってしまう可能性もでてきます。
また、時間がたてば最初に覚えたはずの箇所を忘れていきます。


最初から全て覚えようとせず、理解できないところは飛ばして、
どんどん先に進めていきましょう。


インプット、アウトプットの繰り返しが効率的なやり方のようです。
◆最初は参考書を一通り読んで知識のインプットです。
   (ここで全てを理解しようとしなくても大丈夫です)
   ある程度理解しようとする際に、ノートにわかりやすくまとめる方もみえます。


◆その後、過去問の問題集を繰り返し解くということ。
    間違った部分は参考書を読んで理解をし、また繰り返し解くということ。弱点のチェック


※ネットなどにも、過去問があったり、丁寧に解説してくれているHPの活用もいいですね。
過去問は何度も繰り返し、解きましょう。


宅建で独学で勉強する場合、個人差もありますけど、最低でも250から350時間の勉強が必要と言われています。


しかし、勉強時間=合格ではありません
勉強の量と質が合格につながります。限られた1日の時間でどれだけ、学習するかという意識を行動にうつせるかです。


やはり、合格率17%という難易度の国家試験です。
ましてや、学生から何十年離れていると、勉強の仕方さえも忘れている頃です。
なんの勉強法のノウハウもわからないのに急に勉強といっても、苦痛にさえ感じてしまいます。


そうゆう人の為の、通信制・通学制もあり、DVD講座というのもあります。
教えてくれる側は勉強のノウハウ、合格への手助けのノウハウをもった人です。
合格の道しるべがあるような感じです。



前の記事へ<<宅建合格。みんなのオススメする参考書とテキスト
            次の記事へ>>宅地建物取引主任者試験内容



☆関連記事☆
  宅建(宅地建物取引主任者)の資格を持っていると就けれる職種、内容
    学校派?通信派?独学派??宅建取得
  宅建合格。みんなのオススメする参考書とテキスト
    宅地建物取引主任者試験内容



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者