宅地建物取引主任者(宅建)

宅建(宅地建物取引主任者)の資格を持っていると就けれる職種、内容

宅地建物取引主任者は、宅地・建物の公正な取引が行われることを
目的として創設された資格になります。


不動産業界にとったら、なくてはならない資格です。
その理由は、宅建主任者のみに許された独占業務にあります。


マイホーム購入時、またはアパート・マンションの賃貸の時など、不動産会社などは、
取引成立の為に、賃貸の重要事項説明したり、必要書類(重要事項説明書や37条書面)に記名・押印したりするには、宅建(宅地建物取引主任者)の資格が必要となる業務で、資格所有者が行わなければ、契約は不可能です。


(重要事項説明書とは、宅建取引業者が宅地・建物の売買や、交換する場合、もしくは仲介、代理により、売買、交換もしくは賃借をする場合に説明が義務付けられている、当該物件に関する一定の重要事項を記載した書面の事)

その他でも、住宅メーカー、建設会社では、土地や建物の法律知識があれば、お客様の様々な疑問に答えることができ、スムーズな取引ができます。


金融・保険会社でも土地などを担保にすることがあり、知識が必要になってきます。


一般企業でも、会社で保有している不動産の管理や資産運用に役立てることができるからです。


不動産関係は資格があって当たり前という印象をうけますが、
その他の企業には、プラスのメリットとなる資格でしょう。



            次の記事へ>>学校派?通信派?独学派??宅建取得



☆関連記事☆
  学校派?通信派?独学派??宅建取得
    宅建合格。みんなのオススメする参考書とテキスト
  宅建合格のみんなの勉強時間、勉強法
    宅地建物取引主任者試験内容



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者