ファイナンシャルプランナー(FP)

FPの仕事内容

2パターンの働き方があります。

企業系ファイナンシャルプランナー独立系ファイナンシャルプランナーの役割にわけられます。
資格取得者の大半はこの、企業系ファイナンシャルプランナーに属しています。
銀行、証券、保険会社、不動産会社などに籍をおき、営業として金融商品を販売して資格を生かしています。


企業系FPのメリットは企業の看板を背負って営業活動ができるということ。
みんなから認識されている会社なら会社の信用、信頼性もあり、+FPという資格で、相乗効果に期待できます。



独立系ファイナンシャルプランナーは会社などに籍をおかず、個人事業として開業するファイナンシャルプランナーです。
自社商品だけに特化せず、様々な商品案内ができます。
そして、そのサービスを有料として業務を行います。


保険代理店、FP事務所、金融商品仲介業など職種は様々です。



また、行政書士や税理士がFPの資格を併せ持ち、ダブルライセンスで開業していることが多いようです。
FPとのWライセンスで業務拡大ができ、収益の幅も広がるでしょう。



私の知り合いには、保険の代理店をしている方が見えます。
前は、企業FPとし、保険会社に籍をおき、保険という金融商品を売ってました。


独立した今でも、仕事内容は変わりませんが、保険商品の品数が増えました。
それは企業FPと違い、自社製品という縛りが無いために、複数の企業との契約が可能になったからです。


その為に前より、より安くより良い商品を販売してもらえることができ、私達のニーズにあったものを提供してもらえました。




FP資格の生かし方、Wライセンス


不動産関係、証券会社、保険会社など金融系の会社などであれば、FP資格を推奨している会社は多いです。
資格があれば、個人顧客からの金融相談などを受ける場合、幅広い知識を提供できることにより、
顧客のメリットにつながり、顧客の信頼感が上がります


金融機関、保険会社、不動産会社などさまざまな業種で求められ、+資格(Wライセンス)として、保持していることが多いようです。



Wライセンスと相性がいい資格の紹介。
◆税理士◆
税理士は、税務に関する専門家として、納税者の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務代理や税務書類の作成、税務相談、または会計業務を行います。


◆公認会計士◆
監査および、会計の専門家。会計に関する助言、立案および経営戦略の提案などのコンサルティング業務も重要になってきている。


◆社会保険労務士◆
労働関連法令や社会保障法令に基づく、申請書や届出書等の書類作成。
企業を経営していく上の労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う。


企業の人事部や総務部みたいな働きをする仕事。どんな業種の会社にも必要な仕事。



◆中小企業診断士◆
中小企業の指導育成と補助金や融資のための経営チェックなどの業務。
経営コンサルトの国家資格。企業の主治医やビジネスドクターとも呼ばれている。



◆宅地建物取引主任者◆
不動産会社などに対して公正な取引をするために欠かせない資格。
宅地や建物の売買、交換、貸借の契約が成立するまでの重要事項の説明等を行う国家資格。



◆DCプランナー◆(企業年金総合プランナー)
確定拠出年金制度をはじめ、年金制度全般にわたる専門的な知識や投資やライフプランに関する知識を持ち、公共性と専門性を兼ね備えた、企業年金総合知識を認定する資格。



前の記事へ<<今流行のファイナンシャルプランナーとは?
            次の記事へ>>FPの資格の内容と種類、難易度順、初めは3級



☆関連記事☆
  今流行のファイナンシャルプランナーとは?
    FPの資格の内容と種類、難易度順、初めは3級
  FPに相談する前に。豆知識
    主婦の方オススメー実生活の活用術、FPー
  保険に悩んで・・・FPに相談にのってもらいました。



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者