医療事務

医療事務の人気のヒミツ

CM、雑誌、求人広告でよく目にする「医療事務」
iryoujimu.jpg初心者からでも手に職がつく。というこの時代にあった、資格。
また、医療は景気に左右されない為、就職難にならないのも、その理由のひとつかもしれない。



<未経験、無資格でも働けることが出来る>
医療事務の仕事は、看護師や薬剤師のような国家資格ではないため、
無資格でも働くことができます
そうはいっても、医療業界なので専門的な知識と技能はたくさんあります。


最近では医療事務の資格を取得してから仕事に就く人が多くなってきました。
医療事務の知識を証明する資格を取得し、未経験から就職する事ができることもその理由かもしれません。



<ライフスタイルで選べる勤務形態>
医療機関の診療時間には、午前診、午後診などがあり、
フルタイムで働く正社員だけではなく、派遣社員やパートとして、
日数や時間を決めて働くことも出来るので、再就職を希望する主婦層にも人気


家事や育児との両立がしやすいのも人気の理由かもしれません。
また、結婚や出産で生活環境がかわったとしても、復帰しやすいことも人気の秘密ではないでしょうか。



<日本全国に職場がある>
病院などの医療機関は全国どこにでもあるため、ご主人の転勤などでの引越し先や
再就職しやすい、職場を探しやすいという利点があります。
医療事務の仕事は全国共通なので、どこの病院に行ってもこれまでの技能が生かせます。



<資格取得条件が不問>
医療事務の資格は、学歴や経験を問わず誰でも受験できます。


大学や専門学校に通わなくても、通信講座などで勉強して受験でき、
個人差はありますが、早ければ3ヶ月という短期間で取得可能です。



<年齢や性別を問わない>
女の人の方が活躍する場と思われがちですが、業務において、専門知識や能力を生かして働くことが出来るため、
性別を気にせず働くことができます。
また、経験重視のため、年齢を気にせずに長く働けることできます。



<医療事務の将来性>
高齢化社会の影響で、介護・医療機関も増設をたどっていますし、医療施設がある限り、そこで働くスタッフが必要とされ、ますます需要が増えてくるお仕事です。


また、医療事務の資格をスキルアップし、エキスパートになる道もあります。



<社会的意義がある仕事>
医療事務は、医療専門職のひとつです。


病院や診療所などの医療機関は、病気やケガで不安を抱えて来院される患者さんのために働く、
医療事務の仕事にやりがいを感じることができる職業でしょう。


少しでも患者さんの支えになることで、 「ありがとうございました。」 「お世話になりました。」
と 感謝されることが、何よりの励みになり、患者さんの役に立てることが社会貢献しているという実感も得られ、
やりがいにつながるといえるでしょう。



介護・医療・癒しの講座の資料をまとめて請求。年間10万人が利用している「シカトル」の公式サイトへやじるし.png



            次の記事へ>>医療事務の仕事の内容は?注意する点



☆関連記事☆
  医療事務の仕事の内容は?注意する点
    医療事務のメリットVSデメリット
  医療事務の資格なくても働ける?資格をとったら、有利か?
    医療事務合格率!資格取得までの期間と試験内容
  なぜ医療事務?私の初めての資料請求
  



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者