医療事務

医療事務の仕事の内容は?注意する点

患者さんにとって身近な存在であり、病院やクリニックの経営をサポートする職種です。

医療事務は、患者さんが一番最初に会って、一番最後に会う。いわば、「病院の顔」です。
応対の仕方ひとつで患者さんが病院に対しての印象も大きく変わってくる重要なお仕事です。



<受付業務>
■初診、再診の受付
 患者さんに診療申込書を書いて頂くこと。どこが具合いが悪いのかも聞いたりします。

   
■電話での受付
 病院にかかってきた電話の応対を行います。


■その他の受付
診察曜日・時間の案内、診察券の紛失・保険証の忘れ・
入院や退院の手続き、面会の受付、病室の案内、診療科案内等


     *言葉遣いや表情などに気をつけることが重要






<カルテの作成・管理>
■初診の方のカルテ作成(パソコンへと個人情報、保険証情報を打ち込みます)

sbyac023-s.jpg
■再診の方はカルテを用意
    
     *早くカルテを出せるかが患者様の待ち時間減少に繋がります。


■カルテやレントゲン写真などの整理や管理


     *保険証などの重要書類をきちんと取り扱うことが大切です。
      また、保険証の情報を写し間違えないこと。






<会計>

患者さんが行った診療は全部点数であらわされています。
その点数を計算し、合計金額の何割かを患者さんにお支払いして頂くという流れです。

コンピューター化が進んできて、時間もかからなくなり、業務がスムーズに行えるようになりました。


     *お金のやり取りのため、間違いがあっては病院側も患者さんも大変な迷惑です。慎重にすすめましょう。






<レセプト(診療報酬明細書)業務>

レセプトは患者さんの1ヶ月の診療内容を点数でまとめた明細書です。


患者さんが病院で支払う金額は個人によって負担割合が違います。また小さいお子さんなどは支払いが無料だったりします。
支払わなかった残りの金額は患者さんが加入している保険機関(国民健康保険や健康保険組合など)が負担しているのです。


しかし、各保険機関に請求しなければ、残りの負担額を病院側に支払ってはくれません。
この請求する業務をレセプト業務というのです。


この請求は病院の経営に関わる大切な仕事です。
  
      *レセプトが間違っていると、審査支払機関から返戻されます。そうなると病院の経営に支障がでてきます。
       細心の注意が必要になります。
 



前の記事へ<<医療事務の人気のヒミツ
            次の記事へ>>医療事務のメリットVSデメリット



☆関連記事☆
  医療事務の人気のヒミツ
    医療事務のメリットVSデメリット
  医療事務の資格なくても働ける?資格をとったら、有利か?
    医療事務合格率!資格取得までの期間と試験内容
  なぜ医療事務?私の初めての資料請求



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者