資格

流行に乗った、ヒップホップダンス資格。指導者を認定する資格を創設!?

今、ヒップホップなどのダンスは音楽業界からの影響で、
子供から大人まで注目しています。
miva0217c-s (2).jpgピアノなど楽器のレッスンやスイミングスクールに次ぎ、
スクール生徒が増加の一途をたどる人気ぶり。


今年度(2012年)からは中学の体育で必修になったダンス
それに伴い、ヒップホップダンスの指導者を認定する資格まで
でできました。
名称は「ヒップホップダンス基本技能指導士」


技能や知識を問う有料の検定試験で、
ダンスを通じて心身を開放し、人間らしさや生きる力を子供たちに
伝えられる指導者の育成を目的とした検定試験です。


中学教諭のほか、ダンス教室のインストラクター、
医療・福祉・介護など、ダンスをリハビリに取り入れた介護現場の職員らを対象とし、指導者育成も目指しています。


このようにあらゆる年代の方々を対象とした指導者を育成することにより、これまで趣味や娯楽の意味合いが強かったダンスを、職業として確立しました。


FUNK、ラテン、ジャズなどのジャンルも基本から上級までレベル別に検定が実施されています。


また更新制度(初回更新3年、以降2年毎に更新)になっているようです。


これに伴い専門学校が開講したりして、それぞれのダンスのスキルアップや、
在学中に多数のエンターテイメント企業へ自分のダンスをプロへアピールできる場を設けたりしています。


これからますますこの資格受講者が増え、取得者が増えること間違いなし!。


自分で資格が作れちゃうって本当!?


国家試験とはいきませんが、検定なら、自分で作れます。

子供の頃にクイズを出し合って遊んだ記憶はありませんか?
「検定」はそんな大人版って感じです。


例えば、好きなマンガに関してのクイズを作り択一式で回答。
自分で何問以上合格と決めて検定完了。


しかし、法律で制限されているもの、または名称など、誤認混同が生じる場合は注意が必要です。
上記を配慮して、自分の得意分野を問題にだして、「検定つくり」楽しいですね。



前の記事へ<<資格でとった免許にも有効期限ってあるの!?
            次の記事へ>>資格の勉強UPのモチベーション

  



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者