資格

資格取得の道のりと方法

資格取得の方法にはいろんな道のりがあります。


◇誰でも受験でき、合格すれば得られる資格。
◇実務経験を積んで、合格すれば得られる資格。
◇大学や専門学校で勉強し、卒業することで得られる資格。
◇それらを複合し満たす事で得られる資格。
◇上記の全て満たす事が受験の対象になるもの等、さまざまな受験資格があります。


まずは自分の得たい資格がどうやって取得できるのか。自分が受験対象者なのか、調べる必要があります。



資格取得にむけて、勉強確保の時間とコツ


仕事をしていたり、子供がいたり、学校の勉強、塾、趣味。。。
など、1日の限られた時間の中で、時間の確保って難しいですよね。


私が調べて思った事は、資格取得で勉強している人の平均勉強時間は2時間ってことです。
でも、2時間っていう時間は、どこにそんな時間が??って思っている人は多いと思います。


なかなか今という時間をフルで使ってる私達には、到底確保できる時間ではナイと思います。


時間の確保の例としては
iebenn.jpg社会人なら、電車などの通勤時間。朝早く起きての早朝時間。


主婦などは、子供が寝てからの時間。
残業などが多い場合は帰宅前の時間。


一回で2時間という時間を確保するのではなく、一回を30分×4など、
少しのあいてる時間を確保することが勉強時間確保につながります。




それでもそんな時間とれないと言う方は、所要時間にこだわらず
毎日1問でも繰り返し勉強するって事が一番大事なことだといわれています。


脳科学からも証明されている!!効率的な記憶法はコチラ


コツさえつかめたら、限られた時間が少し有効に使えていくかもしれません。



1・目的と期限
まずは、一番に・・・なんのためにやっているか。いつまでにやるか。
ダラダラやっていても、期限だけが長引いて、モチベーションもさがっていきます。
人はゴールが見えないことは、なかなか続けてはいけません。


そうならないために、いつまでに資格を取得するのか、という期限。
なぜ資格取得したいのか、という目的。が、一番重要になってくるのです。




2・スケジュール
日々の生活に監視役は誰もいません。
今日は勉強時間が確保できないからといっても、誰にも怒られたりすることはありません。
しかし、日々のことが大きな結果となりますから、少しでも空いた時間を見つけることです。


<スケジュールたてのポイント>
☆すきま時間の発見


☆定期的な見直し


☆勉強の足跡をつける


☆勉強しないリラックス時間


3.環境と気分
今日はなんとなく気分がのらない。疲れたなど、
生活をしていれば、誰にでもあります。スケジュール通りにできたら、誰でも合格です。


それはやる気次第でしょといわれるかもしれませんが。。。やる気だって下がる時は多々!?あるんです。


また、家では勉強がはかどらない。小さな子供がいるから。電話がなって。
など、やる気が下がってくると、出来ない理由ばかり思いつきます。


今日はやりたくない!と思った日でも問題集、参考書を手にとるなどして、
少しでも勉強の時間と接することです。


人は習慣ってものがあります。
1日でも勉強の時間をつくらないでいると、今日も出来ない。
週末に取り戻せばいい。など、どんどん甘い言葉をはいてしまいます。
それが癖のようになるからです。




4・勉強方法
試験に合格する人とそうでない人は何が違うのでしょう。
・勉強時間?
・勉強量?
・勉強の質?
どれが欠けてもいけません。


また、自分の苦手分野というのは後回しにしがちです。
しかし、ここに不合格の理由がつまってる気がします。




5・時間を大切に
時間は限りがあります。振り返るともうこんな時間。。。
あの時、何してたんだろう・・・と思い返すと、すごいムダな時間があったと気づきます。


しかし、勉強漬けになっても、逆にモチベーションがさがり、脳もつかれてしまいます。
睡眠時間、自分の趣味など、リラックスできる時間も持ちつつ、バランスを心掛けていい勉強時間を過ごしましょう。



前の記事へ<<資格(国家・公的・民間)と認定の違い
            次の記事へ>>資格でとった免許にも有効期限ってあるの!?



☆関連記事☆
    勉強UPのモチベーション、上げ方とバランス



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者