資格

資格(国家・公的・民間)と認定の違い

免許を取得した事により、業務などを行えるようになるものを「資格」


試験に合格するなり講習を受けたりなどして、一定の実力や能力があると認めることを
証明できるものを「認定」


例・・・・ 運転免許を取得する事により、車を運転する資格を得た事になります。
      情報処理技能認定試験に合格する事により、
      情報処理技術者としての能力は認定されますが、
      所得できなかった人でも、情報処理技術者として働くことはできます。




資格の豆知識。どんなのがあるの?国家資格と公的資格、民間資格


資格ブーム!!のこの今。
資格といってもさまざまな種類があります。


大きく分けて、3つの種類にわけられます。


国家資格・・・法律に基づいて、国や国から委託を受けた機関が試験を行い、
       有資格者は一定の知識や技術があると国でみなされている、資格。
       資格がないと業務ができない、職業的な地位を確保される為、取得は困難ですが、
       社会的な信用度も高い資格。


医師/公認会計士/通関士/中小企業診断士/宅地建物取引主任者介護福祉士/栄養士/
建築士/通訳案内士/気象予報士など



公的資格・・・法律上の規制がなく、商工会議所、中央職業能力開発協会などを含む、
       行政機関やそれに準ずる機関が実施する資格、試験で
       社会的信用度や知名度の高い資格も数多くあります。資格を取得することで、公的に通用し、
       一定の能力を証明することができ、就職や転職・キャリアアップに活用できます。
 

食品衛生責任者/福祉住環境コーディネーター検定試験/JTF(翻訳検定)/eco検定(環境社会検定試験)/簿記検定
/下水道管理技術認定試験/ビル経営管理士など



民間資格・・・民間団体や企業が独自に基準を設けて試験を行い認定する資格です。
       法律による規制がないため、社会的な評価はほとんどないものや、
       TOEICなど国際的な基準によって認定される資格(ベンダー資格)や、
       社外では通用しない社内資格(内部資格)など、さまざまな資格が含まれます。


ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)TOEICテストアロマテラピー検定/臨床心理士/建設業経理事務士/秘書技能検定/ビジネス能力検定/英検
MOS/フードコーディネーター資格認定試験/福祉住環境コーディネーターなど





知らないと怖い、業務独占資格、名称独占資格。必置資格。


業務独占資格とは、資格がなければ、その業務を行うことが禁止されている資格のこと。
        例えば、医師、看護師、弁護士、税理士、美容師・・・などの国家資格の無いものが
        その業務を行うと、違法行為になります。


        身近でいうと、運転免許なども含まれます。


        また特定の職能を表す資格の場合は名称も独占することが多い。
        例えば、看護師でない者は、看護師又はこれに紛らわしい名称を使用してはならないということ。


名称独占資格とは、資格取得者だけが、名称を使用することができるもの。
        介護福祉士、ファイナンシャル・プランニング技能士、中小企業診断士等があります。


        例えば、介護福祉士の資格がないものが、介護福祉士と名乗ると法律違反になりますが、
        介護の仕事は介護福祉士の資格がなくてもできます。


必置資格とは、特定の事業を行う際に、企業や事業所に資格保持者を最低1人、必ず存在しなければならないと
      法律で義務づけされている資格。
      業種や従業員人数などで異なり、一定数を満たさなくてはならない。
      しかし、必ずしも代表者が当該資格者でなくてもよい。

      (宅建、衛生管理者、運行管理者など)



前の記事へ<<自分に合う講座の選び方のポイント。通学講座と通信講座
            次の記事へ>>資格取得の道のりと方法



☆関連記事☆
  この不景気に独立開業できる資格。資格は目的ではなく手段
    人気の資格



↓ 資格取得で一番人気はやっぱりココ


>>生涯学習のユーキャン 詳しくはコチラ<<


資格

 

医療事務

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

宅地建物取引主任者(宅建)

 

介護

 

TOEIC

 

いろんな資格

 

FX人気業者